遠州米穀

もっと輝くお米ライフ

せいいちくんとみみちゃん
仕入れについて
精米工場
炊飯工場

金属検出機

金属の混入がないか検査し、除去します。異物混入を防ぎ、高い品質を維持しています。


移動精米タンク

多品種・小ロットに対応した、お米をやさしく運ぶ搬送システム。ダメージを最小限に抑えながら、異物混入を防ぎます。


袋詰め

ガラスで区切られ衛生管理されたクリーンゾーンで、計量タンクから自動で袋詰めを行います。


金属検出機&ウェイトチェック

袋詰めされたお米を金属検出機で金属を確実に検査し、包装重量と製品重量を加味したウエイトチェックを行い、適正重量かを確認します。このように最終段階まで細心の注意を払って、お米の品質保証に取り組んでいます。


積み上げ・出荷

ロボットパレタイザーが大切に、袋詰めされたお米をパレットに積み上げ、出荷します。ロボットパレタイザーは1時間に最大1,200個、2種類の米袋を同時に積み上げることができます。


無洗米室

無洗米の場合は精米の後、無洗米に加工します。お米に少量の水を添加した後、タピオカを混ぜることで、残った微粉ぬか層をタピオカに付着させて取り除きます。

うまみを残して微粉ぬかを取る
ご家庭で洗米する場合に流してしまう「うまみ層」を残すと同時に、お米表面の細胞壁を壊さないため、内側のうまみ層も流れ出ることなく、お米が持つ味わいと食感がそのまま残せます。

排水なしで環境にやさしい
「お米を洗う」工程がないため、工場からの排水も、ご家庭からの排水もありません。また使用後のタピオカは殺菌・乾燥によって再度付着材として使用されるほか、微粉ぬかは家畜飼料や食用油としてリサイクルされて無駄がありません。


工場内のお米の搬送はすべてコンピュータで制御します。荷受から袋詰めの工程まで、操作室で一括して管理しています。



仕入れたお米や、精米したお米と炊飯したごはんの品質を、厳しくチェックし、安心して食べられる安全な商品を提供します。


遠州米穀