遠州米穀

もっと輝くお米ライフ

せいいちくんとみみちゃん
仕入れについて
精米工場
炊飯工場

精米工場のご案内

精米に関する「安心・安全」への取り組みをご紹介するとともに、お米が玄米から白米に精米される流れを通して「小ロット・多品種・少量」のお米を鮮度のいいままにお届けできる仕組みも併せてご覧いただけます。


荷受

届いた玄米をホッパーに流し入れます。玄米は品種ごとに、玄米タンクに保管されます。


粗選機

まず最初に石や粗ゴミなどを取り除きます。


石抜機

お米を振動させることで、石や異物を集めて取り除きます。
「やさしい精米」をするために、3段階の工程によって精米しています。


精米機

「やさしい精米」をするために、3段階の工程によって精米しています。

第1段階…研削

精米度およそ10%
砥石でお米の表面にキズをつけて、種皮(ぬかになる部分)を取りやすくします。

第2段階…摩擦精米

精米度およそ90%
お米同士を擦り合わせ、適度な衝撃を与えることで種皮がはがれていきます。

第3段階…研米

精米度およそ100%
種皮が細かく砕けて表面の残ったぬかを取り除きます。

だからおいしい!精米のポイントABC

穀温を上げないため、おいしさをキープ

精米する時は、お米を擦り合わせたりするために、どうしてもお米の穀温(温度)が上がってしまいます。穀温が上がると割れたり水分が飛んだりして、お米の品質を低下させます。遠州米穀の新しい精米機は以前の精米機と違い、3段階のやさしい精米をすることで、玄米の温度を約32〜33℃に保ち、お米のおいしさをキープします。

3段階の各調整で品種ごとに最適な仕上がり

研削・摩擦・研米の3段階の精米度を自由に調整することで、品種や炊飯の目的に応じて最適な仕上がりの精米ができます。

残留レスで品種混合を防止

精米終了後、エアーによって全てのお米を自動排出するため、品種が混ざったり、異物が残ったりすることを防げます。


ロータリーシフター

水平円運動によって砕米やぬか玉をふるい分け、除去します。


色彩選別機

お米の中に混じった被害粒(虫などの被害で変色した粒)やガラスなどの異物を、色によって見分けて選別します。
高性能CCDカメラとデジタル画像処理により、不良を確実に除去。1台でおよそ95%の除去を行い、2台の色彩選別機に通すことで、限りなく異質物ゼロ・不良粒ゼロに取り組んでいます。流量設定、感度設定を調整し、最適な選別ができます。

被害粒

虫の被害にあって黒くなったお米を
選別して取り除きます

光選別のしくみ

流れてきたお米を2種類のカメラでチェック。CCD(可視光)カメラで着色粒を、NIR(近赤外線)ではガラスや石などの無機物を検出し、不良品をエア噴出によって取り除きます。


遠州米穀